眼鏡越しの散らかった日々

気の向くままに筆をとる

あのときほどダッシュしたことはない

今週のお題「人生最大のピンチ」

 

6年前の新婚旅行。

バリ島からの帰りの飛行機は、シンガポールでの乗り換えだった。

そこで、あの事件は起こった。

バリ島からは定刻通りに出発したのだが、気流かなにかの関係でシンガポール到着が大きく遅れ、、、

なんと、乗り換えは10分しかないとアナウンスされているではないか!!

しかも、とても大きなシンガポール空港の端っこから端っこの移動である。

血の気がひいた。

 

初めて同然の海外旅行の私と、英語まったく自信なしの夫。

非常事態になると、我々は戦闘不能である。

なんとしてでも遅れずに乗り換えるしかない。

 

そこで、、。

とにかく夫婦で全力疾走!!

空港の中を全力疾走!走る!走る!

足がちぎれんばかりの全力疾走!

 

後にも先にも、あんなに走ったことはない。

 

結果は、ギリギリセーフ!!

ゲートの向こうで、待ってる案内の人が必死に手を振ってくれていて、胸をなでおろしたのでした。

 

あとあと調べると、その移動は通常30~40分かかるらしい。

必死全力疾走夫婦は、12分ほどで走りきったのでありました。

 

非常事態が起こったときでも大丈夫なように、言葉が通じる土地にいたいと強く思う私でしたとさ。(そこで、英語をマスターしようとかは思わないのが私です(☞゚ヮ゚)☞)

 

とっても楽しかった新婚旅行。

最後の最後におとずれたハプニングも、笑える思い出になりました(๑¯◡¯๑)